HOME > 山本眼科医院 医院内施設

山本眼科医院 医院内施設

 近代西洋建築・耐震工事

大正13年築のクラシックな西洋建築です。

建築のご専門家の皆さまにも、高い評価をいただいております。


和室待合室や院長室は、京都から招聘された宮大工さんの手により仕上げられたもので、床の間なども、今なお全く狂いがありません。


建築当時より、山本眼科医院として開設され、現在まで現役の建物です。 


2007年、全館耐震工事済です。

震度6強~7クラスの地震(阪神・東日本大震災級)にも耐えられるとされています。

建築当時よりの工芸的手作り窓ガラスも、全館、飛散防止フィルムを、数年おきに貼り換えています。

医療機器も全機種固定するなど、患者さま皆さまの安全を第一に考え施工を行っております。


医院施設

 2016年3月、最新設備高機能手術室を新設致しました。

  詳細はこちら→最新設備手術室新築


混雑緩和の為、待合室を4部屋に増設致しております。


玄関先にスロープを設置致しました。


トイレも最新設備で増築致しております。


 外観・内観

医院概要

住所

〒250-0012
神奈川県小田原市
本町2-3-22

TEL0465-22-7522