HOME診療案内 > 糖尿病網膜症・ぶどう膜炎 

糖尿病網膜症・ぶどう膜炎

糖尿病網膜症

当院では、レーザーによる糖尿病網膜症手術を行っています

糖尿病では、血液が高血糖になり血管がつまったりして、弱くなってきます。

そのため、網膜に十分な酸素が供給されず、新生血管を作ったり、出血をしてしまったりして、視力が低下し、末期には網膜が剥離して失明を起こしてしまいます。

レーザー手術は、新生血管を焼き、網膜症の進度を遅らせるようにいたします。

症状が進行してからですと、手術の効果が薄れてくるため、早期発見、早期治療をすすめています。  

ぶどう膜炎

ぶどう膜とは脈絡膜・毛様体・虹彩〈こうさい〉の3つの総称で、眼球全体を覆うように広がっています。

ぶどう膜は血管が多いため、血液の循環や、血液内の白血球の働きなどの影響によって、炎症が起きることがあります。

炎症がひどくなると、視力が低下し、最悪な場合失明してしまいます。      

医院概要

住所

〒250-0012
神奈川県小田原市
本町2-3-22

TEL0465-22-7522